遠赤外線・マイナスイオン効果たっぷりの黄金チャージ済み綿100%の繊維炭(綿炭/炭繊維)の安眠アイマスク・携帯ミニ枕(まくら)・枕マットでぐっすり快眠!!
繊維炭の安眠グッズ
"黄金チャージ"済みの綿100%の炭繊維のパワー!!

お問い合せ
無料見積はこちら

TEL
093-611-5333(代)
FAX
093-611-5334

問い合わせ
総合案内
安眠グッズ

★安眠アイマスク
★安眠携帯枕
★安眠枕マット

安心の三点セット
開発秘話
イヤシロ黄金伝説
イヤシロ物語

★炭とくらす
★住まいの炭
★暮らしの水
★わが家で温泉
★高電導炭シリーズ
★繊維炭シリーズ
★電子水シリーズ

logo
イヤシロ黄金伝説

語り継がれた“いやしろ黄金伝説”

【イヤシロ黄金伝説…癒しと安眠の秘伝、誕生秘話の巻】

カタカムナには謎めいた伝説が数多いが…中でも生活に密着した話はこれが随一かも。

大和の国にも、まだ言葉を上手に記録できない時代が長く続いたが、卑弥呼の生まれるその前にも、その名と力を広く轟かせた女性の統治者(女王様)が居た。

名前は、カンナと言う。その丈は高くて、魔顔立ちも鼻筋が通り全体も引き締まっている。男以上の力をもち、智慧者で周りの者にも、滅多に近づけないものを醸しだしている。その先をたどれば多分大陸の血が混ざっていたのであろう、大和の国離れして、少々離れた場所に居てもひときわ目立つ存在は、生まれながらに人を惹きつけ、そして従える、正に三国一の美少年(女)であった。

父である国王が、男として育てる目的で、生まれて直ぐに、水田の研究に力を注ぎ、当時最高レベルの技術者であった、パク夫妻にその教育を託したのだ。

直観力に秀でたパクは、カンナの出生を明らかにせず我が子として育てたが、他の村人にも親戚の男の子としてあらゆる角度でその優位に力を誇示できるよう、大きく強く育てる必要があった。パクは、当時の科学者として第一人者であり、狩猟にもその余りある才能を見出していたが、その才のなかでも、大地の力を見抜く眼力と、それを再現する能力は神の光臨を髣髴させる凄まじいものであった。実はこのカンナ、生まれたときは、流石に小さな赤ん坊で、国王もその小さな女のまま育てるべきか、いずれ女王に祭り上げるべきか迷ったが、側室である母レイナの病弱な体を想い、一粒種のカンナを女王に育てるべく、一時期間男として育てるためにパクの元に里子に出したのだ。

そんな訳で、パクはその地域では一番大きな力・不思議な力が溢れる場を見つけ、更に木を蒸し焼きにしたものを敷き詰め、その力の封印を図り、其処にカンナの養育の為の里と住まいを、築きあげたのだ。

パクが創る社(やしろ)と敷地は、それは見事なもので、其処で、穀物や作物を育てると、不思議にも収穫量は他の地と比数倍の差。湧き出る水は、若さと力を蘇らせ、不老長寿の泉。其処に住むだけで、力強い子どもの成長がなされるのは当然のように仕掛けていた。カンナは、その技術も腕も、パク譲りの才能を覗わせ、我が子のように似ていて、思わず、養父替わりの立場を忘れるほどだった。

パクの技法で特に、目を張ったのは、カンナの休む寝床の下の浄化で、最高の炭とその粉を固め、不思議な力を持つある石を砕いて用土で固めたその上に、藁で囲った薬草を敷き詰めて特性の寝台にした。その場に仰向けに寝ても、打つむせに寝ても、直ぐに疲れが取れる仕掛けと自負して、これを、“母なる大地の力の泉、ミノドウ”と呼んだ。

パクは、その優れた智慧の修練の為に、他に二つの技法をカノンに伝授した。これは、このミノドウを離れてもそれに替わって代役を果たすためのもので、いつでも力を湧き出だせ、智慧を産み出し、いつでも蓄積した疲労や癒し、内なる底力を神の恵みと共に体内に宿らせる、正に神からの授かりもので、パクが編み出した3種の神器であった。

この技法を、カノンの為に、更に練り上げ、最高の技法として完成させたが、後に、秘伝中の秘伝として、王族の中でも王様とその後継者のみ許されることになった。

その一つは、ナギアと言って、狩や、農作業で疲れた体を癒やすと共に、“父なる太陽の恵み”を全て充電するかのように体内に宿らせる高貴なものである。

その秘伝の一部であるが、頭の下つまり首元の延髄部分に、これを添えて注入しする技法である。ナギアは、こぶし5つ程の大きさだが、その中には、黄金と炭と塩を混ぜて創ってある。黄金は、遥か南の国、ウツシの聖地にある良質の砂金を大量に盛り込み、材料の異なる四種類の炭は北のツカラの国から、そして塩は、神の鎮座するセイの国の海水を干して作らせたものである。れを、就寝時に頭の下に敷いて、朝の光が差すまでに静かに身をゆだねるだけで、見事な回復がなされて、目が覚めた時には、迷いも不安も書け消され、ゆるぎない自信と信念が宿るというものだった。

もう一方の秘・技法はナミアと言って、瞑想時と就寝時に、額と目と頬に当てるものである。これは、美の化身が宿るがごとく、老若男女を問わず肌が、願う通りの美しさに蘇ると言うもので、頬・目・額と3つの順番に付けていくのであるが、先の、母なる大地の恵み、父なる日の恵みに加えて、無限の愛である月の光の恵みを受けるものである。

これは、美の蘇りと共に、あらゆる困難をも洗い流すことの出来る智慧を湧き出だし、未来の姿を見通し、幅広い視点で予知しながら、全ての準備を整える力を宿す、正に眼力、そして少ない時間で、失った体力を見事に回復する力も与えてくれるもので、そのエネルギーのもとは、柿の葉を、36種類の薬草を煎じて作った薬でほぐし、ウツシの国より取れた砂金を練りこんで創ってある。その葉を手順良く貼って行き、その上に、米を発酵させ作った薬酒滲みこませ、炭と塩をこの葉の上に乗せながら、その恵みの力を全身に染み渡らせたのである。

この母なる大地の恵み、父なる日の恵み、そして永遠の愛の月光を三種の神器として、女王誕生の秘義、秘伝となった。

これらは、強く、美しく、逞しい肉体を創造することに加え、人知を超えた叡智と優しさを自らの独創的思想を持ちながらも、多くの民の声をも汲み取りながら、人を惹きつけ、束ねる大きな心と、いつまでも残しておきたいと願う、その魅惑的な妖気を、宿らせる目的であった。その心技体に加え、大地を揺るがすかのように、湧き起こる魂の叫びをも崇高に育成すると言う、眼目はこうしていとも容易くパクの想い通り、国王の願いどおり成就したのである。

この心技体、そして崇高な魂は、神の国・大和の国をまとめるに相応しく、その為に、選ばれし唯一の人、カノンのみが自由に駆使できるものとなったが、カノン18歳の時に、王様の下にもどり、その身分を改めて民に明かし、女王としてこの大和の国の礎を束ね荘厳な人生を送ったという。この話のつづきは、第二編で。

ちなみに、第三編は、カノンは、後に観音様に姿を代え、未来永劫にこの日本を見守って下さる伝説。

現代の科学でも…

自然の恵み、大地の力を総合的に利用して、驚くような技術
現代にも十分通ずるその技法…恐るべしカタカムナ

安眠グッズ 会社概要 特定商取引 お問い合せ 相互リンク
いやしろ いやしろサポーターズ いやしろ教室 自宅がパワースポットに
COPYRIGHT (C) 2007 ELECTORON COMMUNITY Co.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
当サイト内の文章・画像等の無断転載・転用は、固くお断りします。